ETロボコン2018関西地区大会

試走会2 実施報告

開催日時
09/02(日) 10:00~18:30
開催場所
京都コンピュータ学院 京都駅前校
参加チーム数
28チーム中23チーム (出席率:82.1%)
参加者数
105名 (参加者: 95名、実行委員: 10名)

実施内容

関西地区大会前の最後の公式イベントとして、本番コースを用いた2度目試走会を開催しました。
試走に加えて模擬レースも行うため、早朝からの試走会となりました。

全体

10:00-11:30 ディベロッパー部門プライマリークラス(1グループ目) 試走
12:00-13:30 ディベロッパー部門プライマリークラス(2グループ目) 試走
14:00-15:30 ディベロッパー部門プライマリークラス(3グループ目) 試走

プライマリークラスは3グループに分けての試走となりました。
ルックアップゲート、ガレージイン、シーソーといった難所がありますが、やはりシーソーの難易度が高く苦戦しているようでした。

デベロッパー部門プライマリークラス試走 デベロッパー部門プライマリークラス試走

11:30-11:55 ディベロッパー部門プライマリークラス(1グループ目) 模擬レース
13:30-13:55 ディベロッパー部門プライマリークラス(2グループ目) 模擬レース
15:30-15:55 ディベロッパー部門プライマリークラス(3グループ目) 模擬レース

試走に引き続き、模擬レースを開催しました。模擬レースとはいえ、会場には緊張感が漂っていました。
スタートのセッティングを真剣に行う姿が印象に残っています。
難所まで含めてゴールするチームもあれば残念ながらスタート直後に転倒してしまうチームも見受けられましたが、大会までのブラッシュアップが楽しみです。

デベロッパー部門プライマリークラス模擬レース デベロッパー部門プライマリークラス模擬レース

16:30-18:00 ディベロッパー部門アドバンストクラス 試走

アドバンストクラスの試走は全チーム1回で行われました。
今年からの新要素であるカメラシステムを使用したブロック並べなど、新しくなった難所を何度もチャレンジしておりました。

デベロッパー部門アドバンストクラス試走 デベロッパー部門アドバンストクラス試走

18:00-18:20 ディベロッパー部門アドバンストクラス 模擬レース

アドバンストクラスも模擬レースを開催しました。
ゴールするのに精一杯というチームもあれば難所の攻略にチャレンジするチームもあり、大会本番への期待が高まりました。

デベロッパー部門アドバンストクラス模擬レース

モデル相談・走行体チェック

試走と同時並行で走行体チェックとモデル相談会も開催いたしました。
モデル提出期限が2日後に控えたタイミングでの相談会のため、参加者も実行委員も皆真剣な表情でモデル相談を行っておりました。
提出までの追い込み結果を審査時に見れるのが楽しみです。

走行体チェック モデル相談